弁護士を見極める

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

無料相談サービスって何がいいのでしょう。問題を解決する道筋が分かるだけではないのです。弁護士を見定めることができるのです。では、どうのように見定めるのか。

絶対に最低でも二つの法律事務所には行くべきです。比較できないからです。そのとき、どのような解決方法をするのかしっかりと確認します。二人の弁護士が同じ解決方法を提案したら、どちらかの弁護士を選ぶことになります。しかし、二人の提案が違っていたら、三つ目の法律事務所に行く必要が出てきます。同じ解決方法を提示した二人の弁護士の中から選びます。

では、どのように弁護士を選ぶのか。専門性、人間性、代金の3つです。本当は弁護士としての能力を入れたいところですか市井の人間に弁護士の能力なんて分かるはずもありません。まず、法律問題がその弁護士の専門分野でなければなりません。弁護士の業務範囲は多岐に亘ります。扱ってない分野は素人に毛が生えた程度の知識しかありません。しかし、専門分野ではネットにもない奥の奥の知識まであります。次に人間性です。もしかしたら、人間性がもっとも重要かもしれません。自分と合う信頼できる弁護士を選ぶべきです。最後に代金です。安すぎても駄目です。仕事がなくてダンピングしている可能性が高いです。弁護士の仕事の値段には相場というものがあります。他の事務所の報酬と比べて相場から外れていない弁護士を選ぶべきです。